入学式まで待ってくれないのね・・・惜しまれて散りゆく桜

桜

桜が、あっという間に咲きました。2~3日前にはまだ全然だったのに。あたたかくなったと思ったら本当に、急にという感じで咲いたのでびっくりしました。誰かが、桜という名のクラッカーの紐を持って今か今かと待ち構えていたような開花でした。

みんな、首を長くして待っているので桜が咲いた時にはあちこちから桜とともに撮った写真などの便りが届きます。私ももちろん写真を撮ります。家の近くを流れる川沿いにも見事な桜が咲き、その桜のトンネルの下、いろいろな方たちが家族や友人たちと楽しい季節の思い出を作っているのを目にします。毎年のことですが、本当に素敵な光景です。

でも、桜は満開を迎えてしまうと本当にあっという間に散り始めます。早すぎるんじゃない?もう少しこのままきれいに咲いているといいのに、などと思ってしまいます。雨が降ってしまうと散るまでの時間は一層短くなってしまい残念な気分。

散るのを気にしているのには訳があります。せっかくきれいに咲くのですから入学式の日、満開の桜の下で記念写真を撮りたい、撮らせてあげたいなーと思っているんです。でもなかなか思うようにはいきません。

我が子が入学する年はもちろん、それ以外の年にも「今年こそ入学式に咲いているといいな」などと思いを馳せるのですが・・・桜はなかなか待っていてくれないのです。友人は桜が咲いているうちにと、入学する子供に入学式用の服を着せ、ランドセルを背負わせて桜のトンネルで記念撮影を行ったと言っていました。

我が家も、小学校の桜が咲いているうちにと「前撮り」したりしました。こんな風にみんなに望まれている桜。私たちにとっては春のとっておきだなぁって思います。咲き誇って満開の桜も、静かに散りゆく桜も、花びらになってひらひらと舞う桜も、どんな姿も春の日の1ページだと思います。

今年も、もう満開になってしまった桜。入学式まではあと少しだけど気象情報などでは「そろそろ見納め」の文字がちらほら。やっぱり、待ってはくれないみたいです。

桜の名所